Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

就活

D通内定者の先輩いわく

OB訪問とかとは全然違うのだけど、授業中にD通に内定してる
学科の先輩と世間話をした。
(コネとか何もないのに内定したらしい。すごい。)

聞いた話だと多分ESとかの書類の締め切りが3月末くらいで
そのあと4月の一ヶ月間くらいをかけて選考があるらしい。
内容は結構普通で、面接何回もあったり、
グループディスカッションがあるような感じだとか。

この先輩は「大学はエンターテイメント」と言い切り、
過去に色んなイベントとか企画の代表をしてきてるらしい。
あんま詳しく書くと多分わかる人にはわかっちゃうので書かないけど
中には予算規模1000万円の大イベントもあったとか。

なんで「広告」なのか。という志望理由を聞いて、目から鱗が落ちた。
たとえばオロナ○ンCみたいな栄養ドリンクって飲めば元気になるけど、
これって栄養ドリンクそのものの効果だけじゃなくて
「オロナ○ンCを飲めば元気になる」という1種のブランドイメージが
あるから元気になれるという側面もある。
そういったイメージを広告によって作って、人を元気にすることもできると。

そう聞いて広告ってのはすごい可能性秘めてるものなんだって思った。
広告をうまく使えば日本を裏から操る…じゃなくて、社会を元気にしていくこともできるんだね!

広告業界にもなかなか面白い要素がありそうだ。

続きを読む >>
  • 2004.12.14 Tuesday
  • 02:40

就活

y-cube就活ブログが始動したらしい

今日はバイトの友人が出てるアカペラライブにいってきました。

入場料は高かったけど、ライブハウスで訊くと野外で聞くのとは違って本格的に音を楽しめるもんですね。
今回はプロも混じってたのだけど、なんか友人はトリで歌ってまして、大学生のアカペラバンドの中では結構有力な方なのだとか。なかなか楽しいライブでした。以上軽く宣伝。


さて、y-cubeの就活ブログが登録者募集を始めたようですね。
http://www.y-cube.net/

前の記事にも書いたけど、就活に特化した機能がいろいろついている(これから追加されていく)そうです。
これからブログを始めようと思ってる就活生は登録してみてはどうでしょう。
僕はジュゲムのままでいくか乗り換えるか、とりあえず様子見中です。

明日は1限でて、そのあとトー待つコンサルティングのセミナーにいきます。
今日は早く寝よう・・・。


☆おかげさまでランキングも好調みたいです☆

  • 2004.12.15 Wednesday
  • 00:10

就活

トーマツコン○ルティング

一ヶ月くらい前にはじめたバーチャル株
ようやくスタート時金額の100万円を超えました;
現在105万。消費税程度か…。まぁ銀行に預けるよりずっと儲かってるよね。

今日はトーマツコンサルテ○ング(以下TC)のセミナーにいってきた。
会場で、環境ビジネスセミナーでお会いしたくるみさんと再会。

セミナーは三時間の長丁場。
内容としては第一部がケーススタディ、第二部が会社紹介という感じ。

今回は「体感型」のセミナーということで、第一部は
2つのケーススタディをストーリー仕立てで進められた。
自分たちがTC社の新入社員で、入っていきなり色んな偶然が重なって
デカイプロジェクトにかかわることになったって設定。

コンサルの仕事の一端を感じるには良い内容だったけど、
いわゆる「花形の部分」だけを体験する形だったから、「これがコンサルの仕事なんだ」ってちょっと誤解する人もいそうだなぁ。いやまぁ間違いではないんだろうけど、他にも色々あるのわかってない人がいるんじゃないかってことね。入っていきなりこういう仕事ができるわけじゃないはず。まぁそれはさておき・・・。

行われたケーススタディは以下の二つ。
 峇覿半霾鵑4つの戦略の解説を読んで、企業に提案する4つの戦略に優先順位をつける」というケースタ
◆崙鵑弔寮鑪を提案されたクライアントが抜本的に改革する事を不安に思ってしまったので、二つの中から先に実行する戦略を選び、その戦略に加えて何をすべきか考える」というケースタ
(後ろの方、文がわかりにくくてすいません。)
どちらもまずは自分ひとりで考え、そのあとグループで話し合うという形式でした。

内容は難しい…と、自分では思った。時間足りない。
依頼として現実にあったケースを使ってたらしい。

一個学んだのは、戦略自体が非常に理にかなっていても、
それをクライアントが受け入れるかどうかはまた別の話だってこと。
クライアントだって一人の人間なわけだし。
だからこそ、戦略の「外」も考えて、色々配慮していかないといけないんだろう。結局は「人と人」の問題になるわけで、数字や論理だけで動かせるもんではないのだよね。

とりあえず「体感型」ってところは◎だった。講義形式じゃやっぱ物足りないよね。これからも、こういう頭の鍛えられるセミナーには優先的に参加してみたい。

  • 2004.12.16 Thursday
  • 00:01

就活

KEO潜入録

遅くなりましたが、昨日はリクル一トのセミナーとKEOに行ってきました。
まず先にKEOのレポ。

この前も書いたけれど、単身乗り込んでいったにもかかわらず
結構知り合いが多かったのにはびっくりしました。
塾祭とかDachincoの関係者とか、あと同じ英語の授業取ってる人がなぜか二人も来てたり…(?)おかげさまで肩身の狭い思いはあんまりしないですみました。

知り合いでなかった人にしても、慶應の中では有名だから顔は見たことある、って人が多かった。

本家の方のミスコンに今年出てた方(ブログがすごく面白かった方です☆)や、某株サー&環境ビジネスサークルの代表さんや、今話題になってる某カリスマブロガー、色んな学生団体の代表さんなどなど。その他の方もみんな個性の塊のようで。もう俺みたいな庶民なんて入る隙間もないです;

パーティの形式はまぁごく普通に立食形式。まぁ形式はあまり問題ではなくて、とにかく立ってしゃべりまくるパーティでした。

んで、ご飯は食べられませんでした。
なんかもう気づいた頃にはポテトチップしか残ってないというパターン。
そういう意味では俺も結構がんばって色んな人と話せてたんでしょう。
仕方がないのでポテトチップに群がってました。

とにかく濃かった。短時間で色んな人と出会う場は他にもあるけど、
「一度会ってみたいな」って思ってた人と短時間であんなに出会えたのは驚き。
貴重すぎでした。

唯一の後悔は、会場のどこかにいたらしい
外資コンサルのリクルーターにコンタクト取れなかったことですかね;
まぁこれは就活で取り戻しましょう。

二時間くらいの一次会の後、会場全体で若き血を歌って、
それで二次会。帰ったら日付は変わってました。
(メッセ上で待たせてた方々ごめんなさい。)


さて、思ったこと。
今回俺は庶民代表のつもりでいったのだけども
基本的に会った人には「何やってる人なのか」聞かれる事が多かった。

仕方無しにE.C.O.とかG30学生ネットとか塾祭とかDachincoとかhakoneとか
色々関わってるものは列挙したものの、どれ一つ取って見ても
俺というものを表現仕切れている肩書きは一つもないなあって思った。
(まぁ実際それほどコミットしてないのもあるけど。)

肩書きなしに「自分」というもので人を惹きつけられるってすごいね。
逆に肩書きによって自分の本質がかすむのなら肩書きなんてむしろなくていいのかも。つらつらと断片的にそんな事を思ってみた。

「何やってる人なんですか?」→「別に何もやってません」
そう答えてみるのも面白いんじゃない?って参加者の誰かと話したりもしていました。こういう場に行くと、自分の方向性とか、色々考えちゃいますね。そういう事を考えさせてくれる機会も今の自分には必要なんだろう。

どうなるかと結構不安だったけど、思い切って飛び込んだ甲斐はありました。
興味ありゃダメ元でもいいからとにかく飛び込む。これってやっぱ大事ですね。
こんな貴重な場を提供してくださった慶應ジャーナルのみなさん、ありがとうございます&お疲れ様でした!

更新サボってる間にランキング降下;
見捨てないでー(泣)
  • 2004.12.19 Sunday
  • 04:10

就活

リクルート@GINZA8

遅くなりましたが、リクルートのセミナー報告。
非通知で電話がいきなりかかってきて、セミナーがあると言われたので、新橋までいってきました。(新橋最近よく行くなぁ。)

[沿革]
東大新聞の広報担当だった江副氏が学生ベンチャーとして始めたのが前身。
そういったところから今もベンチャースピリッツのある会社であり続けてるとか。
→企業の歴史や沿革を見ると、今につながっている所があるから見てみるといいとアドバイスされました

[数字から見たリクルート]

従業員数は4000人くらいなのだけど、これは多い方ではない。
社員は半分の2000人ほどで、CV職という契約社員が1000人、
バイトや派遣社員が1000人ほどいるらしい。
全体の男女比は半々。(え??)

資本金は30億ほど(あまり多くない。例えば電通は589億)で株式は未公開。今の資本金でやっていけるから公開してないが、いざ資金が必要になった時のために公開の準備はしているらしい。

売上3600億に対して利益が1100億で、極端に利益率が高いのが特徴。
これは特殊な事業内容に依るものらしい。
利益率が高いってのはいいことなんだろうけど、
逆に利益率の低い事業はできない(GOサインがでない)という面もあるとか。
(これは少しずつ改善されてきてるらしいけど)


[事業モデル]
一言で表現すれば「マーケットの主催者」
よく使われるのは「人と企業をつなげる」という表現ですね。

つまりカスタマー(個人、消費者)とクライアント(企業)のためにマーケット
(マッチングプラットフォーム)を作るのが仕事。マーケットの主催者の例としては、他に東京証券取引所なんかも挙げられていた。

そのマッチングプラットフォームがあるおかげで
クライアントは参入コストを下げることができる。
リクルートによって市場にルールができ、市場が公正になり、
最終的には市場が活性化される。
カスタマーも、そういったルールがあるおかげで
安心と信頼感を持てる。

消費者直結であるため環境の変化も激しい。
今ある事業の半分以上は、10数年前にはなかったとか。
経営上は良くないが、社員個人にとっては「変化はチャンス」
ようするに成長させてもらえるということですね。
このへんもリクルート卒の社長が多い原因なんでしょう。

職種は大きく分けて
クライアントとの接点であるソリューション営業、
ソリューションのためのツールを作る企画開発系、
会社全体の最適化を考える戦略スタッフ、
の3つに分けられるらしい。
大体の新入社員は営業に回るとか。


まぁレポはこんなもんにして。。
一番印象的だったのは上にも書いた、「利益率の高さ」がもたらすもの。
利益率が30%の事業なんてそうそうあるもんじゃないから、
例えば利益率10%くらいの新規事業のアイデアなら、他の会社ならGOサインが出てもリクルートではGOサイン出してもらえないかもしれないってこと。
「○○円も投資して、たった××円しか利益でないの?」って感じになっちゃうと。セミナーでは段々改善していこうとしてるって言ってたけど、どうなるかなー。

でもものすごいたくさんあった借金の返済がボチボチ完了して、
ここからリクルートは本領発揮していく予定だって話してたから、もしかしたら、変わるのかも。今までは利益をドンドン借金返済に回していて、力が存分に発揮できていなかったらしい。
参考↓
借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
井上 功


というか今まで本領発揮してなかったのか....?
十分すぎるくらい存在感あったけれど。

大きな企業ほどいろんな側面があるからレポートも難しいね。
なんか書いても書いても説明しきれない感じがする。。


ランキング,一時は7位くらいまでいってたのに、現在13位。
まぁいいや。落ち着いて行こう。
  • 2004.12.20 Monday
  • 14:18

就活

ブロガー忘年会

04-12-22_00-21.JPG
行ってきました〜。
わかんない人のために説明すると、就活関連のブログを運営している人たちが参加する飲み会みたいなもんです。まぁブログを運営してるって一言で言っても、毎日更新してる人から放置気味の人まで、いろいろですが。

大体40〜50人くらい参加してたのかな。
もともとの知り合いは2,3人くらいしかいなかったんで
結構きんちょー、だったんですが、
いざ始まってみたら正直めっちゃ楽しかったです。

昨日サークルの先輩と話してて「コミュニケーションの基本は共通の話題を見つけることだ」みたいな話が出たのですが、この飲み会では就活やブログなど、共通する話題が見つけるまでもなくわかっていたわけで。
そういったことも手伝って、ほとんど初対面なのに、色んな人と楽しく話すことができました。

なんか会ったばっかなのにずっと前から知ってる友達のように接することができたようにも思います。いや俺だけ勝手にそう思ってるのかもしれないけど(笑)一次会は普通に飲んで、二次会は紆余曲折の結果ケンタッキーにいきました。

誰と何をしゃべったとかいちいち書いてたらキリないので書きませんが、
社交的で面白い方たちが集まっていた感じなので非常に楽しい飲み会でした。
企画してくださったみなさん、ありがとう!ホント参加してよかった☆

んで、名刺くれたりしたのにまだ連絡してない方、すいません。
明日(日付的にはすでに今日)は多分暇なんで、遊びに行きます(笑)

ランキング、落ち着いてきました。
  • 2004.12.24 Friday
  • 02:22

就活

マッキンゼー

12月23日をもってついに21歳になってしまいました。
お祝いしてくださった方、メールなどで祝ってくださった方、みなさんありがとうございます☆&まだ返信しきれてなくてごめんなさい;

なんかGREE経由でお祝いしてくれる人が多いあたりに、時代の変化を感じましたね。なぜかフライングしてる人が三名もいて、謎で面白かったです(笑)(ただ23日夕方から24日朝にかけてGREEのサーバが落ちちゃってたときはマジ萎えましたが…)

こないだ、マッキンゼーのセミナーに行ってきました。
マッキンゼー流図解の技術
マッキンゼー流図解の技術
ジーン ゼラズニー, 数江 良一, 管野 誠二, 大崎 朋子

話されていたのは官庁を辞めてマッキンゼーに入ったという職員さんでした。
辞めた理由としては、「そこで働いていても世の中のためにならないと思った」からだそうな。限界感じたのかなあ。
その人が言うには、官庁では経験則でモノを言う場合が多く、「なぜやるのか」が軽視され、「どのようにやるか」ばかりを考える傾向が強いと感じたらしい。ロジック・ファクトに基づいた考え方はマッキンゼーに来て身についたものだとか。

マッキンゼーの魅力は「グローバル感」。
国内では220人くらいのスタッフがいて、規模的には大きいわけではない。
(新卒は20人くらいしか採らないらしい。)
外資コンサルと言われているけれど、「本社はない」らしく、
どの支社も(名目上の話なのかもしれないが)同列に位置しているらしい。

クライアントとしては企業だけでなく中央官庁、大学、公団、NPOもつきあいがある。開発コンサルティングなんかも行っているという話が結構面白かった。友達に聞いた話では、慶応の某教授が政策提言をする際に定量的な調査をマッキンゼーに委託することもあったそうな。

あと、外資コンサルといえば競争が激しそうとか、仕事できなきゃクビになるとかそういう心配もあるけれど、マッキンゼーでは実際に淘汰される人はあまりいないらしい。(本当かどうかはわかんないけど)入ってから淘汰されるような人なら最初から採用されないって事かな?

新卒で入るより他の業界で実務を積んでからコンサルに入った方がいいんじゃないかって意見もよく聞くけれど、少なくともマッキンゼーは「新卒でも通用します。事実です。」とのこと。というのも、クライアントが求めているのが「自分たちの業界の常識に囚われない考え方」だからだとか。

特定の業界で働くと、実務経験が積めて色んな常識がわかる一方で、アンラーニングする(忘れる)ことが難しくもなるのだとおっしゃっていました。転職を前提にして仕事を選ぶにしても、気をつけなきゃいけない点はかなり多いのかもしれません。

まだまだ色々リサーチはしたほうがよさげだけど、外資コンサルってイメージに当てはめて決め付けて見ない方がいいのかもね。


で、適正試験は1月19日に決まりました。
筆記は10日か19日のどちらかに自動的に振り分けられるっぽいので、予定空けときましょう。

んで、その試験対策というわけで、マッキンゼーのHPで紹介されてた本など、論理的思考力を鍛える本で今勉強中です。(Tちゃん本貸してくれてありがとう!)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
照屋 華子, 岡田 恵子
こちらはマッキンゼーのHPで推薦されていた本。元マッキンゼーの方が書かれているそうです。ただいま読んでる途中です。


【オマケ】
地球では1秒間にサッカー場1面分の緑が消えている
あとこちらは、他大の環境サークルやってる友人が出版に携わった本らしいのですが、国連大使の田中さんが著されたもので、この本の売り上げは一冊につき20円(途上国の子供の給食一食分になるらしい)寄付されるようになってるそうなので、もし良ければ買ってみてくださいな。


なんか筆記対策にいい本あったら教えてくださいね☆
でもその前に自分が受ける会社がどんな筆記やってるか調べないとなぁ…。
  • 2004.12.24 Friday
  • 14:37

就活

就活ゼミ参加レポート

昨日はグローアップセミナー一日目。これから二日目に参加してきます。
しかし、なんであんなに女の子が多いんだろう。。。
理工学部の男女比の真逆を行ってました。不思議。
宿題はまだできてないけど、まぁなんとかなるでしょう。

さて、こないだ、バイトの先輩が創立したという、
慶應の就活ゼミ(という自主ゼミ)に参加してきました。
その回は、内定者とのブーストークで5人くらいの内定者と話をしてきました。

俺がしゃべったのは、野村総研、NHK、JTB、アクセンチュア、東京証券取引所の内定者。アクセンチュアの内定者さんはインテリジェンス、東京証券取引所の内定者さんはトーマツコンサルティングにも内定してらっしゃったので、その話も聞けました。アドバイスされたことなど、まとめて報告しちゃいます。


【スケジュール】

・面接は大体3・4回あるが、リクルーター制度を取ってるとこだと8〜9回くらいの面談があるらしい。リクルーター取ってるとこ(金融とか商社)は、そこ通らないと本選考に進めないとか。

・面接がかぶることも多いので、志望順位はハッキリさせる。3月下旬から4月上旬が特に厳しいらしい(俺は山こもってますが。)

・ベンチャーは選考時期が早いから、興味がない人でも練習で受けるといい(俺はどっちみち受けるけども。)

・アクセンチュアの方は、アクセンチュアの内定が3月末、インテが3月中旬に出たらしい。どちらもかなり行きたかったらしく、インテの内定が出た時点で、そこよりも志望順位の低いところは全部断ったらしい。(3月中旬にそれできたら相当ラクだよねー。)(あとトーマツの内定は3月上旬だったとか。まぁ、人によって違うだろうけど参考までに。)

・ただし、これは別の方のお話なんですがコンサルとかは内定しても拘束してこないそうなんですが、金融系は内定と同時に拘束が始まったりするので注意とのことでした。(ま、志望順位がハッキリしてたらそんなに悩まないかな。)

・ちなみに、二人くらい三田祭実行委員会(年間を通して仕事があるそうです)の仕事と就活を両立させてる人がいらっしゃいました。(きつそうだけど、やればできるんだね。俺も両立がんばろっと。)

【選考を通る秘訣?】

・面接で聞かれた事はリストとしてメモって復習するべし。

・ESや面接では「団体自慢」をしないこと。自分にしか書けない事を書く。最初に結論を持ってきて、なおかつ最初の数秒で相手の注意を引く。そして具体的に書く。

・グループディスカッションでは、無理して司会をやらない方が評価が高いという傾向があるらしい。ボロが出るから。論点を確認する役、話のズレに気づく役、タイムキーパーなど、ディスカッションには色んな役があるんだから、自分のできる、自分のやるべき役割をしっかりこなすことが重要。(もちろんしっかりやれる自信があるなら司会やってもいいしね。)

【その他】

・日経新聞が難しく感じる人には、日経ビジネスが読みやすい。

・OBOG訪問には聞きたいことを用意してから行く

・落ちた時は、「この企業は見る目がないな」と思うべし。そしたら凹まない。(すごい共感です。)


他にも色々聞いたけど、とりあえず重要かな?と自分で思ったのはこんな所です。参考になった!という方はランキングにご協力くださいね。

PS:この就活ゼミは、他大生も参加できるんで、興味がある方がいたら言ってください。紹介します。今後はESとか面接の対策をしていくそうです。
  • 2004.12.26 Sunday
  • 11:10

就活

Grow up seminar!

昨日で、グローアップセミナー二日目が終わりました。

プレゼンちょっと失敗気味だったのが悔いに残る…。
でも楽しい二日間でした。友達はすごいできたし、これからも仲良くしていけそう。すでに新年会やろうって話もあるしね。
帰宅して最初にした事はGREEでグローアップセミナー130期生用のコミュニティを作ることでした(笑)全部で60人くらいいるけど、頑張って人数増やします。

詳しい内容は、参加してのお楽しみにしといた方がよさそうなので、詳しくは書きません。まだ参加してない方も是非これから参加してみてください。

さて、今から滋賀に帰省します。
そんなわけで就活系のイベントは1月6日まで何もないんですが、
書くネタはあるんで実家からちょくちょく更新していこうと思います。(できれば毎日)
ってことで帰省中も見に来てくださいね。

ランキングもよろしくお願いします!
  • 2004.12.27 Monday
  • 14:47

就活

ダイヤルアップで悪戦苦闘

ダイヤルアップで重いのだけど今日は頑張ってパソコンで更新。
(GREEで紹介文書けてない方とかすいません。)

インテリジェンスの説明会兼一次面接の予約が開始されたとの
メールが来たので、申し込みました。

ダイヤルアップのため採用HPが重くて画像が表示されず、
「パスワードはここに入れるのか?」
「・・・これが申し込みボタンかな??」
とか見切りをつけて申し込み。うまく申し込めてるかな…。

他にも新年の予定が続々と埋まっていっています。
6日にE.E.O主催?の就活新年会で、
8日が就活ゼミ、13日がワイキューブにてone-day自己PR講座
15日がリサイクルワンの新年会、
19日がマッキンゼーの筆記、
21日がインテリジェンスの説明会
という感じ。そしてテスト期間へ突入です。(嫌だなぁ・・・。)

他にも新年会とか色々入ってきそうだけど、
絶対にテストでヘマやるわけにはいかないので、
最低限の勉強の時間は確保したいところです。

会社図鑑!(2006
さて、実家に親が買ってきたこんな本があったので、
業界研究ってことで今読んでいます。
ちょっと極端?な記述が多いように感じますが、
そのぶん記憶には残りやすくていいかもしれません。

就職する気のない業界も、研究対象として調べる分には結構面白いもんです。
仕事していく上で他の業界とのつきあいも絶対必要になってくるしね。

ランキング、最近新規参入が多くて厳しくなりましたね。
どんなのが新規参入したか見てみましょう!
  • 2004.12.30 Thursday
  • 02:59