Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

世の中

三年で三割辞めてしまう大学新卒の話

少し前に、「なぜ新人は3年で辞めるのか?」という趣旨の本を立ち読みしました。

常々思ってたんだけど、「意識が高いからこそ離職する」
ってのもあるんだろうね。
06卒で就活していた周りの知人を見ていてもそう思う時がある。

・我慢が足りない(ネガティブな離職)
・現状に納得がいかないくらい意識が高い(ポジティブな離職)
のは紙一重。

もちろん「選択失敗してるからこそ離職してる」
というのは変わりないんだろうけど、

・選択失敗したからそこを離れるか(最近の若者?)
・選択失敗してもそれを甘んじるか(今までの若者?)

のどっちが人間として正しいかなんて、
一概に言えないよなぁと、思ったりする。

雇う会社にとっては後者の方が都合いいんだろけどね。
でも社会全体で見て同じ事が言えるかどうかは不明。


あと、「3年で〜%が離職」って言うけれど、
これって全業界・全業種一括りにしている所がなんともいただけない。

ある会社・業界・職種では10年くらい働かなきゃ意味がないって
ケースもあるだろうし、3年も働けば十分っていうケースもあるだろうし。


「うちは2年半くらい研修だよ」なんて会社もあれば、
入って即戦力で働かされる会社もある。

そこまで違うと進むべき道も違うので
もはや同じ次元で論じる事は不可能なんだけど、

「3年で〜%」の話題ではその違う次元にいる社会人両方を
一緒くたにして論じてしまってるわけですね。


一度、業界別の就業人口の推移とあわせて、
業界別に考えてみたいところ。


で、業界別の資料は残念ながら見当たらないんだけど、
男女別に見たら、3年以内の離職率が伸びてるのは男の方らしい。
(とは言え、晩婚化してるはずなのに離職率が変わらない女性も実質的には離職率伸びてる事になるのかもしれないが)


あと、
みんながこぞって「3年3割の離職」に拘っているけれど、
昭和の時代から「3年以内の離職率」は3割程度あったらしい。

昔:3割弱
今:3割5分
くらいかな?

そこまで急激に増えてるわけでもないな、という印象。

ちなみにリクルートがリクナビネクスト(旧称「Digital B-ing」)を立ち上げたのは1996年。
enや毎コミの転職サイトは2000年前後。

ようするにそれよりも遥か昔から、入社3年以内の離職率は3割くらいあった。


俺、大学新卒よりも中学・高校新卒の離職率の方が問題な気がするな。
中・高新卒の離職って、大学新卒の離職以上にネガティブ離職多そうだし。
  • 2007.01.10 Wednesday
  • 00:25

-

スポンサーサイト

  • 2016.10.06 Thursday
  • 00:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment