Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まじめ

自分について考えてみた

なんか最近、色んな面で疲れてました。
「疲弊」に書いたようなのもあるし、あまりに忙しすぎたっていうのもあるんですが・・・・それに加えて、自分が何をしたいのか・自分が何なのかよくわからなくなってた気がします。

それで色々考えてみました。

でも長いし、あまりまとまってないし、結局のところ自分でもまだわからないし、
読んでも意味ないかも。興味あれば読んでください。

疑問の発端は去年の冬くらい。
自分が何をやりたいのかとか、自分がなんなのかとか、よくわからなくなってきた。


知り合いなら説明はいらないと思うんですが、俺は今E.C.O.とかJACSESとかで環境に関連した活動をやってたりしている。特に2年のときはそれに賭けてるくらいの勢いだったかもしれない。それだけやりがいがあったと思う。
環境に熱いとかみたいに言われることもあった。

俺ってそこまで「環境」に対して熱いのか?というのが疑問の始まり。
自分の中には「少なくとも環境に対してだけ熱い人間にはなりたくない」という想いがあった。でもとりあえずは貪欲に、やってみようと思ったことに挑戦していた(と思う)


けど、自分が去年やっていたことはなんだったんだろうという虚無感を感じた・・・・とでも言うのか。自分の望んでいたものはそこにはなかった。「そこ」は自分の思っていたようなところではなかった。いや、決して全部が無駄だったわけではないし、「少し違った」「ある面では違った」というべきかもしれないが。

それで、去年の自分が恥ずかしくなってしまった。全てを否定するわけじゃないけれど。自分の中で何かが否定された。今までの自分が。
ようするに今まで自分がやってきたことに対する「意味」がわからなくなってしまったということ。


もちろんそれが自分にとっての全てだったわけではない。
でもきっかけにはなった。

他にもバイトで考えてたこととか、人間関係でのちょっとした問題とか、きっかけは色々とあったけれど、そこで改めて自分に問うことになった。

「本当は何がしたいのか」
「自分はどうありたいのか」

自分がなにをしたいのかというその答えは少なくとも、「環境活動」などのひとつの分野で表せるものだとは思えなかった。とりあえず環境というものだけに関わるものでないことは直感的にわかっていた。


もちろん環境問題に対しても関心は高い。でもそれだけの人間にはなりたくないし、事実それ以外にも興味の深いことは沢山あった。


そうしてずっと考えていた。
それでひとつ思い出したのだが、俺は曲がったものが嫌いだ。
なにかにつけて、不条理なものを見つけては納得がいかず、なんとかしたいと思う傾向がある。(もちろんいい意味でも悪い意味でもある。前に友人に「自分らしさの良いところは表裏一体なのだから、自分らしさが発揮できていると感じるときこそそのことに気をつけろ」みたいなことを言われたことがあったが、その通りだと思う。)


世の中納得できないことは山ほどある。
不条理は世界中のどこにでもある。

その全てを解決することはできないし、
その全てを知ることもできないだろう。

でも自分はそういった「納得いかない」事たちをなんとかしたい、という想いが強い。
敢えて具体的には書かないけれど。

今環境に関連している事に携わっているのだってスタートラインはきっとそこにある。
「納得がいかない」問題が生じているからそれに関わっているというだけのこと。


それを手がかりに考えてみると、自分というものの像がおぼろげながら見えて来た気もする。何か特別になにかをしたいというよりも、そういった不条理を真剣に考え、そしてそれに取り組める人間になりたいのかもしれない。


まだ漠然とはしているけれど、なんとなく何かが見えてきたような気もする。




でもそれが見えて来たからって正直悩みは後を絶たない。
自分がそういう人間になりたいからといってそういう人間になれるわけではない。
それに問題は自分に内在するものだけではないものだと思う。

「自分がどうありたいか」だけでなく「人とどうつきあうのか」
「人間関係」なんて言葉で表すとドロドロしたイメージを与えてしまうが、そういった問題もある。そういった人間関係も考えようによっては自分の一部。
特定のひととのつきあい、不特定多数のひととのつきあい、そのどちらもが様々なジレンマがある。

狭義での自分のことばかり考えたところで広義での自分が有する問題は解決しない。
それはさきほどの自分は何をしたいかという答えが見えて来たときに痛感させられた。


でも広義での自分が有する問題はおそらく今ここでパソコンを打ちながら考えていても解決はしないのだろう。狭義での自分しかここにはいないのだから。
考察ばかりやっていて実際に実験をやらないようじゃレポートは書けない事に似ている気もする。

もちろん狭義での自分の視点から広義での自分について考えてみる(「ひとりで考えてみる」と言い換えても良いかもしれない)のも大事だけど、やっぱ色んな人と深くつきあってみなきゃここからは抜け出せないのかもしれない。






・・・・まだまだ「迷路の中」ですね。
  • 2004.05.19 Wednesday
  • 07:41

-

スポンサーサイト

  • 2016.10.06 Thursday
  • 07:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback