Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日常

歌の歌詞を・・・

歌の歌詞を検索してたら、こんなん出てきました。
歌の歌詞を難しい言葉で表現するのがテーマらしい。
魚介類をその口に咥えた素行のよろしくない浮浪猫を追尾して、
靴を履いていない状態、言うなれば裸足で疾走していくサザエ御姉様であります。
見れば愚民どもが嘲笑しているではありませんか。
お天道様までもが嘲笑しているではありませんか。

瑠〜瑠〜瑠瑠瑠〜

本日も晴天ナリ

---------------------------

午前二時 踏切に 天体望遠鏡を担いで行きました
ベルトに結ばれたラジオ曰く 「快晴でございます」

時、経つこと丁度二分 あなたが大袈裟な荷物背負ってきました
始めましょうか 天体の観測 主にオールトの雲が起源であるとされている長周期彗星を探して

--------------------------------------
第一位になど成る必要は無い。
貴様は生来より他者とは異なった特殊な唯一の存在だ。

鑑賞または供物としての植物を取り扱う店先
古今東西、ありとあらゆる模様、色、形状の華を見ていた。
人間とは多種多様に形状や精神を持ち、十人十色という言葉もあるが
どの存在もそういった事に比較する必要もなく美である。
そんな中で他者と差別化し、頂点に立とうと戦を起こす事なく
人工的に合成された高分子物質で可塑性のある物質により
成形加工されたものが主流である桶の中で
他人に媚びる必要もなく誇りを持ち堂々と胸を張っている。

だのに我々、直立二足で歩行する地球の歴史において最後に
登場したとされる奇妙な生命体、人間は
何故ゆえに他者との差異を天秤に架けたがるのだ?
多種多様、十人十色であるのが当然であるのに、他者との競争によっての
頂点を目指す?

そうだ、我々は
この地上にそれぞれ唯一の香りを持った独特な花なのだ。
当然、皆異なった種を保持している。
その種をいつの日か開花させる事のみの為
尽力すればよい。

-----------------------------

I wish I could fly the sky freely...
「Hey, TAKEKOPUTER!!」
oh,oh,oh,I love you so much,DORAEMON!!
--------------------------
我欲飛空
「是!空飛旋風具!」
南無南無南無 我凄的敬愛猫菩薩


--------------------------------
口唇を笛状に用いて発する音は何故に遠方までも可聴なのでありましょうか。
あの高層雲は何故に小生のような取るに足らぬ者を待っているのでありましょうか。
どうか私めにご教授くださいませんか、偉大なる御祖父様。
どうかご教授くださいませ、アルムの大森林の御神木様。

-----------------------

全部わかりましたか?
  • 2004.05.04 Tuesday
  • 00:04

-

スポンサーサイト

  • 2016.10.06 Thursday
  • 00:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback