Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まじめ

世界の中心は、21グラム

「世界の中心で〜」が流行ってますね。

オリジナルはもちろん、それをモジって「世界の中心でアイスを食う」とかもあるし、なんか色んなところで見かける気がします。


僕はまだこの映画見てないのですが、
世界の中心ってのはどこなんでしょう。

「核」とか言ったらあまりにロマンがないので
とりあえず北極あたりかと予想してみました。
バイトの先輩はハワイだと思ったらしいです。

まぁ映画の中での「世界の中心」がどこなのかは知りませんが、
最近ふと思ったのは「自分」なんではないかということ。

自己中心的思考とかそういうのと同じではないのだけど、
世界の中心がどこかって言えば、自分なんじゃないかなってのが
まず第一の到達点。

でもさらに思ったのは、自分にとって自分が世界の中心だったら、他の人にとってはその人自身の世界の中心なんだろう、と。

自分が世界の中心なのだからなんでも許されるというのではなく、他の人にとっては他の人が世界の中心だから、それとの兼ね合いによって自分を抑えなければならない。
憲法の基本的人権の考え方と似ているかもしれない。
その人自身がその人自身の世界の中心であるという点で、人はみな平等であり、そういう意味で等価値なんだろう。
誰もが特別で、誰もが特別でない。

タイトルに21グラムと書いてみたけど、これはようするに、人それぞれが世界の中心⇒人それぞれの命・・・と言うとなんか違うけど、その人の本質的な部分が中心なのではないかということ。
どの中心も軽んじてはいけないんだろう。
(*ちなみに言わなくてもわかると思いますが、21グラムってのはhttp://www.21grams.jp/のことです。)


そんな、ある意味当たり前なことをグダグダと考えていたら、何か忘れていたものを思い出した気がした。
忘れていた間、どれだけの人に迷惑をかけたのだろう・・・。考えただけでも恐ろしい。
  • 2004.06.21 Monday
  • 23:22

-

スポンサーサイト

  • 2016.10.06 Thursday
  • 23:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback