Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まじめ

疲弊

少し遅いネタですが、この前は母の日でしたね。

知人の中には親と一緒にカラオケにいっただとか、そういう人もいてすごいなーって思います。自分では考えられない。

僕が変なんですかね?それとも概して男はそういうのに対してそっけないのか・・・。

続きを読む >>
  • 2004.05.11 Tuesday
  • 14:27

まじめ

自分について考えてみた

なんか最近、色んな面で疲れてました。
「疲弊」に書いたようなのもあるし、あまりに忙しすぎたっていうのもあるんですが・・・・それに加えて、自分が何をしたいのか・自分が何なのかよくわからなくなってた気がします。

それで色々考えてみました。

でも長いし、あまりまとまってないし、結局のところ自分でもまだわからないし、
読んでも意味ないかも。興味あれば読んでください。

  • 2004.05.19 Wednesday
  • 07:41

まじめ

Brand New Myself !

昨日カラオケで歌って以来 CHARCOAL FILTERのBrand New Myselfにハマってます。
って、まだ一日しか経ってないけど。


歌詞がなんかマッチしたんですね。
ダメな自分を愛せはしない 強く生まれ変われ

(たくさん引用すると著作権がどうのでややこしいので引用は最小限;)

  • 2004.05.29 Saturday
  • 00:50

まじめ

ちょっと刺激を受けた。

あちこちウロついてたら、ちょっと前まで慶應の塾生だったらしい人のページを見つけた。どんな人なのかなーと思ってプロフィールを見てみたんですが・・・・なんじゃこら。

細かいことまで書きすぎにしても、この活動量は何??
ありえんてぃー・・じゃなくて、ありえない。。。

大学入試通ってないぶん中学高校時代を他のことに使えたということ、
「経歴」にしてはやけに細かい事まで書きまくっていること、
金とかコネとか、そもそも色んな面で恵まれているらしいということ、
それらを差し引いても、大学時代からこれだけ色んなことをしてきたというのは驚嘆すべきものだと思う。


自分はどうだろう。
大学生活はすでに折り返し地点をすぎた。
充実した二年間だった。と、思う。

けれど、まだまだ自分にも「余地」があったのではないかと感じてしまった。
正確には、常々感じていた。

別にこの人みたいになりたいわけじゃない。
経歴に書けることだけが大切なわけではないから。
ただ、ひとつハッキリしてるのは、自分は時間の使い方が大変下手だということ。

時間をもっとうまく使って、もっと色んなものに目を向けていればこの二年間、もっと色んなことができたのかもしれない。あるいは、今までやってきた事でもっと大きな成果?を残せたのかもしれない。

これからの二年はどうだろう。
自分にどれだけの「余地」があるのか。
何ができるのか。
もっと欲張ってみてもいいのだろうか。
もっと欲張った方がいいのだろうか。
  • 2004.06.09 Wednesday
  • 00:00

まじめ

世界の中心は、21グラム

「世界の中心で〜」が流行ってますね。

オリジナルはもちろん、それをモジって「世界の中心でアイスを食う」とかもあるし、なんか色んなところで見かける気がします。


僕はまだこの映画見てないのですが、
世界の中心ってのはどこなんでしょう。

「核」とか言ったらあまりにロマンがないので
とりあえず北極あたりかと予想してみました。
バイトの先輩はハワイだと思ったらしいです。

  • 2004.06.21 Monday
  • 23:22

まじめ

少し前に、自分の意見が絶対に正しいと考えてはいけないという事に気付いた。

しかしその後、自分が正しいと思わなければ
精神的に耐えられない時もある事に気付いた。

自分の意見の正当性を疑ってかかった途端、
自分の主張から芯は抜けていった。

結局どうするのがいいのだろう。
  • 2004.07.01 Thursday
  • 11:22

まじめ

GEILにいってきます。

明日24日から27日まで、オリンピックセンターで開催されるGEIL(の一次合宿)に行って来ます。(ガイルと読みます。)

簡単に言えば学生のための政策立案コンテストで、
グループに分かれて、与えられた問題を解決するために
泊り込みで政策案を考え、それを社会人のアドバイスなんかを受けたり
フィールドワークをやったりして発表して
それでコンテストをやろうみたいな感じです。多分。

一応面接とかもあって、一応合格したうえで参加します。
25000円も参加費かかるのに面接で参加者を絞るだなんてびっくりですね。

現地の様子はいつも通り携帯から更新していこうかと思っています。
今回は仕事でいくわけじゃないから、
業務内容を書かないようにとか気をつけなくていいので、
気兼ねなく色々報告したいなと思ってます。

なので期間中も見にきてくださいね。
・・・ちなみに現在荷造りゼロです。どうしよう。
  • 2004.08.24 Tuesday
  • 00:32

まじめ

一日目

04-08-24_21-15.jpg
とりあえずグループの顔合わせがあって,なんか最初に「チ−ムとは何か」みたいな話が社会人の方からあって,そのあとグループごとに肩慣らしがてら簡単なテ−マについて話し合いをしてみました。

一個が,その班の中で自己紹介をした上で共通点を見つけて,それを四文字以内で表現するというもの。
ちなみに俺のアイデアで「友証戦言」が班のテーマ?となりました。
言葉で戦って友の証を手に入れようみたいな、激クサなテーマ(笑)読み方は「ゆうしょうせんげん」です。勝つ気まんまんです。

そしてもう一個が、火星で生き残るために何を持っていくかみたいな感じの話です。


班の構成は、東京圏の人が多いんですが、大学はみんなバラバラで、東大・早稲田・宮城・学習院って感じです。男三人女二人。
(ちなみに隣の班「だけ」班に女の子がいませんでした…。)
班の中に、他の、ビジネスコンテストで優勝しちゃった人がいて、話し合いの進め方とかやたら心得てるので話し合いはかなりイイカンジに進んでるように思います。カフェ経営したりコンサルしたり踊ったり、なんか色々やって経験つんでる感じの人です。

あと、今同じバイトをしてるY野A之くんと前に同じクラスだったという人がいます。まぁ詳しく書くとY野くんから怒られそうなので書きませんが。


肝心の考える政策のテーマは、簡単に言えば20歳前後の日本人を人的資源としていかに活用するか、みたいな感じです。ちょっと語弊ありそうですが説明しだすと長いので詳しくは書きません。

とりあえず今は、そういった点に関して「何が理想か」というところを班の五人で話し合っています。
ブレストして、KJ法で分類して、みたいな感じです。あとは課題文をしっかり読み込んで、前提となる部分を五人で共有して。

でも視点がなんだか教育の方にいっちゃいがちなんですね。多分他の班もそうでしょう。他の班と差別化をはかるためにはもうちょっと別な視点もほしいところです。

全然まとまってない感じですが長くなったのでとりあえずこのへんで。


ちなみに画像はKJ法の残骸です。
  • 2004.08.25 Wednesday
  • 01:56

まじめ

二日目昼

食堂で同じサークルのR和に会いました。
別サークルの集まりでオリセンに来てるらしい。

今日は一日中ひたすら議論タイムが設けられてるって感じです。ご飯以外基本的にそういう時間で、たまに休憩をとって他のチームを含む色んなひとに話しかけてます。

朝から、与えられた課題に関して何が理想かってのを引き続き考えたり、課題文を正確に把握するためにグループ専属?のスタッフに質問したり。
今の所フリーターとかが結構ポイントとなってくるかなという感じなんですが、メンバーの中にフリーターがいない(当たり前)ので想像するのは大変ですね。

議論してると、議論の進め方だとかそういう「ノウハウ」を自分はまだまだ知らないんだなと実感します。
勉強するべきかなぁとも思いつつ、やっぱノウハウとかは後ででも身につけられるし今は自分なりの考える力を養う方が先なのかなぁとも思いつつ。

  • 2004.08.25 Wednesday
  • 12:52

まじめ

三日目夜

04-08-27_00-28.jpg
なんか色々気付きました。
班に女の子がいないのはT班だけではないこと、
「GEIL」を上下逆さまにすると「7139」になること。
……どうでもいいか。


今日は、昨晩夜の3時くらいまで議論してたため、S班男性陣が総寝坊し、朝ご飯を食べそびれました。地味に凹みました。
なんとか昼ご飯までリッツで食いつなぎましたが、嫌なスタートでした。

三日目はコンサルタイムと立食パーティーがあるのが特徴です。

コンサルタイムは、自分たちの考えた政策案に対して、社会人から意見をもらうというもんでした。
班によってどんな社会人が来るか全然違うので、割と当たりハズレあります。。うちの班がどっちだったのかはノーコメントで(笑)
例を挙げると、官僚とか経営者とかコンサルタントとかNPO職員なんかが来てました。ちなみにノーギャラとか;


立食パーティーは同時開催のKINGと合同で、そっちに参加している同じサークルのK長?とも会いました。
結構一人一人と長いこと話してたんでたくさんの人とは話せなかったけど、それでもここだけで一気に十数人くらいは知り合いが増えましたね。
普段は班で固まって話してないといけない&他の班の邪魔しちゃ悪いため他の班とは交流する機会が若干少なかっただけに、パーティーというのは良い場でした。

パーティーでは、本当に色んな系統の学生が来てるんだと実感させられました。

以前に環境系の活動をしてる学生のための合宿に参加したことがあるのだけど、やっぱり環境に限らず色んな話を聞けた方が面白いもんです。

実際、自分だって環境だけに興味があるわけじゃなく、環境は色んな社会問題を知るきっかけみたいなもんでもあったし。(もちろんそれ自体も大事だけど)
色んな価値観の中でこそ自分の価値観はどんななのかって考えるきっかけにもなるし、真剣な話をする土壌も整ってるから「色んな系統の学生と熱く語りあいたい」とか思う人は参加したら面白いでしょうね。

それにしても世の中、色んな意味で面白い人がたくさんいるもんだなぁ。


ところで、基本的に忙しいため、返信に時間がかかりそうなメールは返信できない傾向があります…。申し訳ないのですがご了承を。

(画像はパーティーの料理です)
  • 2004.08.27 Friday
  • 01:10